« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月23日 (土)

背徳者~第二話 憧れを求めて~

あらすじ
光の騎士を目指すスティル...女神からイメンマハへと向かうように言われ、領主に光の騎士について聞いた

それならば修練するが良い と言った所があらすじだ

...

此処は、パラディン修練所

イメンマハの北西にある小さな修練所だ

皆、プレート鎧らしき物を装着している...

同じ格好で統一するのは部隊では良くあることだが…個人差が無いのは何か嫌だ

其処に一人だけ違う鎧を着た者が居る

その者に修練についてたずねてみる事にした

「あぁ・・パラディンの講義を受けるのか? 受けるとならば、容赦はしないから覚悟をする事だ」

どうやら・・・私以外にもパラディンになろうと言う者が後を絶たないらしい...

慣れた感じに軽い説明をし、講義と言う建前上授業料を払うらしい

価格は300G~

そんなに安くていいのか? それとも、長く続けるからなのかは知らないが、とりあえず受けてみる事にした

「講義を受けるのか? あ~・・・城からの手紙が届いて無いから待っててくれ」

急ぎすぎたらしく、そばに居る人も同じ事を言われていた

少しイメンマハを観光してみる事にした…

大聖堂 そこは少し意地悪そうな叔父さんが居た

レストラン 見晴らしが良いので、つい食べていきたくなる場所だ

武器屋 店主の話が中々面白かった

etc...etc

色々な所を回っているうちに朝になっていた

一睡もしていない私は、無我夢中で修練所へと走った

この講義さえこなせば...パラディンになれる!

そんな事で頭が一杯だった

早速、先ほどの修練所の主らしき者を訪ねた

「おぉ スティルだったな? 手続きは終わっているぞ。 早速受けるか?」

勿論、肯定だった

其処で渡されたのは、”バリD行きの羽”と”修練用のD構成アイテム”だった

「なーに 簡単な事だ。其処で暴れているマイナーコボルドを倒すだけだ 簡単だろ?」

私は早速羽を使って飛ぶ事にした

そして、修練用のアイテムを祭壇へと捧げた...

3F構成の簡単な敵ばかりだった

負ける気はしなかった...

難なくボスの部屋まで来てしまった

これで・・・良いのか? と思いながら鍵を開ける

其処で見たものは…

マイナーコボルドの集団であった

彼らは通常のコボルドに安全ヘルメットとつるはしを装備しただけだった

私は狂った様にマイナーコボルド達を蹴散らしていった

蹴散らして...

蹴散らすのは良かったのだ

パラディンとしての道を進んでいる そう思えばいいのだ

だが・・・最後の一匹になったマイナーコボルドがこの様な発言をしたのだ

kobo1 それは・・・注意して聞かなければ到底聞こえてくる事は無いほどの声だった

だが、何故か私には聞こえていた...

その時...私の心には魔族達にも色々な事情があるんだな~

としか、思うだけであった

思うだけであったが・・・その後に重要になってくる事はまだ知らぬスティルだった

…第二話 終

以上

こんばんわ 地震が来て、足が止まって大変だったスティルです

なんていうかなー とりあえず、疲れた の一言です

さてと・・・次なるネタを探しにマビってきます ではー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月22日 (金)

背徳者~第一話 幾多の流れ~

美しい湖付近に栄える町、イメンマハ...

そして、輝く太陽

私は今、イメンマハに来ている

とりあえず散策した結果、城を発見した

光の騎士と言うのだから、城に使えているのだろうと言う安直な考えを持っているからである

城の前に立ちはだかる男が居た

どうやら、それなりの地位を持っている人だろう

とりあえず、光の騎士について聞いてみる事にした

「光の騎士? パラディンの事じゃないのか? パラディンになる為の修練をしたければ、奥に居る領主様に許しを貰うといい」

流石は城に使える身

階級が上の人の指示を受けろと…

面倒な事になりそうだが…私は城の中へと入っていった

門番が居たが、私の事を気にする素振りもなく通してくれた

城の警備は大丈夫なのか? と疑いたくなるほどだ

すると・・・口数が少ない領主と、目がキツメのオバサンが居た

領主にパラディンの事について聞いてみた

「......」

どうやら・・・何も話したくない模様

「領主様はお前などとは話す舌を持たん よって、私から説明する」

領主の意見など知った事かと言わんばかりに会話に入ってきたオバサン(推定36歳)

「とりあえず・・・領主様の許しを貰う為に2k その他諸々…合わせて4kです。 払わないのであればパラディンへの修行は受けさせません」

なんともまー 守銭奴なオバサンだことだ

手持ちで足りたので、仕方なく払ってみた

「フン では、パラディン修練所にコレを持っていくが良い」

と、やぶからぼうに渡されたのは一枚の紙…

とりあえず、礼をしておき修練所へと向かった

その時だった!

フクロウが手紙を持ってきたのである

「ルンダ上級Dへ行きませんか? 海賊を元にしたテーマパークらしいから、一緒に行こう」

な、感じの手紙が来た…

背徳者~外伝 海賊とジェットコースター~

進めますか?

 →はい

  いいえ

それでは、外伝を始めたいと思います

その後、待ち合わせは現地集合との事なのでルンダDへと向かった

初めてのDなのに、上級でいいのか? と言う不安と共に どんな敵が出るのか? と言う期待もあった

SSは・・・途中と最後しかないので、つまらない外伝です

とりあえず、待つこと数分...

オギノさんが来た

上級Dへ誘った本人だ

流石、何人もの女神救出を助けた方だと思った

次に現れた方はciscoさんだった

なんと言うか…自分が居るのが場違いな気がしてたまらなかった

何故かって? 調子に乗ってナイフ&2HSで戦って死にまくったからである

要練習状態で実戦は辛いな…

てなわけで・・・死亡回数が増えるスティル君

眠気が溜まっていく皆

そして・・・であった変態

ARUGOSU 仕方がない やるか

って言うやる気が無い台詞が気に入った”スモールアルゴス”です

アルゴスハンターなciscoさんにまかせっきりでしたよ

そして・・・長き睡魔との戦いも終えようとしていた…

え? 途中経過はって?

海賊達の手厚い歓迎ですよ

そして・・・最終決戦の時は来た

EYE 一匹隠れちゃってますが、3匹構成です

私は必死に逃げ回ったボス戦でした…

何故って? 出口が無いからですよ

とりあえず・・・二回死んで、倒せました

倒せましたってか、私は安全な所でちまちまと・・・・

うん、平和って素晴らしい

ってな訳で、外伝にて閉めさせてもらいます

実はネタを考えてないのさ~

ってのは嘘で、文力の限界です

さて、又の次回にご期待ですよ

以上 駄文でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月21日 (木)

背徳者

ある日の事だった

前と同じく唐突に起きた異変

誰もが笑って流すような事だが、私にとっては大事な事だった...

女神が私の前に再び現れたのだ

話した内容は部分的だが、覚えてる

「スティル...世界を救う名よ。 光の騎士を目指しなさい イメンマハへ行けば道は開けるだろう。

光の騎士への道は厳しい忍耐が必要である。心してかかれ」

そんな事を言っていたはずだ

そんな中、目を開いた時だ...

DAI 私は・・・浮いていた

何故か知らないが、攻撃を受けながら浮いていた

夢だ

やはりコレは夢なんだ

そう確信した瞬間であった・・・・

しかし・・・女神はまだ何かを言っている事を思い出した

「スティルよ・・・早速アナタに試練を差し上げます

この試練を超えなくては、光の騎士などなれる筈がない」

女神よ・・・キホールに復讐できなかったからって私に当たらないでくれ

等と思っていると…まばゆい光の中から何かが現れた

JSA

三位一体の攻撃でも仕掛けてきそうな体制だ

勿論、私は精一杯に警戒するしかなかった

……

暫しの睨み合い

しかし・・・こう立っている姿を見ると、ちっこいラットマンだな~

ネズミA「クチチ お前らアレをやるぞ」

チュー太郎「クチィ その台詞は俺のだ!」

ラッ㌧「クチチチチチ とりあえずやろうぜ」

三匹「こっちへ!」

スティル「……」

なんて言うかなー

全員で一斉に言われるとむかついてくるな

ってな訳で、難なく倒した・・・と思う

そして・・・イメンマハへ向かう時にある人物に出会った

MOKUJIN し・・師匠!!

師匠はどうやら・・・エリンの平穏を保つ為にあの場所で気を送り続けているらしい

その気の強力さ故に、私には近寄る事は出来なかった...

ああ・・・私もあの様な人物になれるのだろうか…

そして・・・師匠との出会いが後の冒険に影響が出るとは、今は知る由も無かったのであった…

以上、G2が始まって、スティルの冒険も始まった って事で・・・・

文力が無い? 愛嬌でカバーしてやってください・・・

ネタバレになってくると思うので、見たくない人は見ない事をお勧めします

では、G2張り切っていきまっしょい

追伸:エターニアオンラインクローズβ当選しました どっちをやればいいのやら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月20日 (水)

絢爛舞踏の日々

こんばんわ

交通事故にて一週間の大怪我を負ったスティルです

ってのは冗談で、少し多忙だった事は事実です

何時の間にやらもうG2実装ですね~

とりあえず、始まったらG2進めながらソレっぽいものを書こうという予定であります

以上

後は見てのお楽しみ って事で...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月14日 (木)

まさしく、昼寝日和

こんばんわ

調子に乗って、少し弄ってみたスティルです

今日の報告をば…

1、ソロでラビ行って、マナP&レベル上げ

2、なんとなーく クマ狩り

3、死に物狂いでタッグラビ

先生! ウィザードリィをやる時間が無いです

ウィザードリィって何か? って?

妙な面白さを持つゲームです

そうだ・・・こんな事がありました

ある日、ナイフを愛用していた為に「戦士よりも盗賊が似合う」と言われました

その後、忍者服を作る と言っていました…

ついにその日が来てしまいました

NINJA なんと言うか…なり損ない?

元々、着てる人が着てる人なので・・・似合いませんね

暇な時にでも、着て歩く事にします

うん・・・似合わないのはご愛嬌って事にしましょう

とりあえず・・・

なんというか......

こんな事がありましたよ

sold_out 売り切れ……

マルコムさん・・・ゆっくり買い物できないじゃないですか

とりあえず、こんな感じですかね

さぁて 今日も頑張ってレベル上げをしてきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月13日 (水)

噛み締めろ その魂?

こんばんわ

昨日、久しぶりに小説の続きを書こうと思いテキスト起動...

しかし、スティルには続きが判らなかった!!

ってな事態に陥って、読み返していたスティルです

とりあえず・・・今日はサブにてキアDに行きました

そうそう・・・転生をしたのですが、何も変わりが無いです

とりあえず、今週中に25LVを目指そうと思ったスティルでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月11日 (月)

うたかたの旅人

今…私はシドスネッターと言う、一面雪だらけの場所に来ている...

何故その様な所へ?

と、聞かれると理由ははっきりと言えない…

そもそも、ナオ=マリ・・・・何とかって人を通じて、エリンに来てからと言うもの…

のんびりと鍛冶の事を勉強していただけの毎日を送っていた

周りでは、魔法を使えるようになったり...剣術に磨きをかけている人も見かけた

ただ・・・その様な人を見ても、鍛冶を続けているだった。

戦いが得意でない私は、鍛冶くらいしかする事がなかった とも言える

しかし、そんな一介の鍛冶師がなぜ遠出をしてシドスネッターなどに来ているのだろうか・・・

それにはちょっとした夢がきっかけである

………華…

エリ…に………

今では、この様に覚えてはいない

朝起きると、白い梟がクエストを運んできた

ティルコネイルのダンカン村長からの依頼だった

そこには「イヤリングを無くしてしまって困っている 探してきてくれないか?」

と、言うような感じであった

早速、本人の元へたずねてみる事にした

すると「シドスネッターで落としたみたいだ…行って来てくれないか?」

シドスネッター

あそこには、前々から怪しい雰囲気を出していると思った

私は警戒するのとは裏腹に、何か別の感情が湧き出ていた…

何かは判らない だが、今日の夢といい不思議な事が起こる。という予想をしていた

そして・・・何かに突き動かされるままに、シドスネッターへ着たのだ

そこで見たものは、一面の雪・・・・だるま・・・・・・・

異常なまでに同じ形をした雪だるまが並んでいたのだ

ダンカン村長によると、看板を注意して読め との事

近場にあった看板に目を向ける

「本当に見たか? 死ぬ気で見たか?」

……

どうやら、この雪だるまに何かがある事は判った

だが、同時に命の危険を覚えました......

とりあえず、片っ端から調べていく事にします

……

何も変わりが無いです

ダンカン村長…しばらく会わなかったと言うだけで、この様な虐めをしてくるのでしょうか?

そして・・・何の発見も無いままに夜になってしまいました…

すると、あの無愛想な雪だるまの歯が、イウェカの光を受けて光っているではないですか

恐る恐る私はその歯に触れてみる

ただ光っているだけだった...

次の瞬間、私は目を疑った

何の変化も無かったと思われた雪だるまだったが、次の雪だるまを見てみると明らかに歯の数が多かった

他の雪だるまと比べてみたが、その雪だるまだけは歯の数が多かった…

死ぬほど…と言うか、寝てしまうほど見た結果がコレ…

無性に腹が立ったので、その雪だるまを思いっきり蹴った

その結果、なにか光るものが出てきた…

イヤリングだった...

本当になくしていたのか…他人に頼む位重要な物なのに、無くすなんて…不用心だと思いますね

そして、ダンカン村長の下へイヤリングを渡しに行った

村長は大変嬉しがっていたが、自分の物ではないと言う

借りたまま無くすとは…もっと不用心です

そして・・・よほど嬉しかったのか、こんな話をしてくれた

「シドスネッターの奥には、マナハーブが大好きな熊が居るそうじゃ…マナハーブが余っているなら餌付けをしてみるのも良いかもしれんぞ」

村長……其処までに熊が好きなのでしょうか?

そんな思考をしているが…私の足は銀行へと向かっていた

マナハーブを持って、その熊に会いに行く気だったからである

少し遠い道のりだったが…アレやコレと、思考をめぐらせていたのでそんなでもなかった

そして・・・私の目の前に噂の熊が居た…

私は警戒して歩み寄る

だが、熊は一向に気にする気配が無い

マナハーブを恐る恐る差し出してみる

少し低い声で鳴いた熊

熊は遠慮しがちにマナハーブを食べた

その瞬間、本当にマナハーブを食べる熊を目撃した…

調子に乗ってもう一枚差し出すと、やはり遠慮しがちに食べた

熊は満足したのか、雪に文字を書いた

そう、文字を書いたのだ

マナハーブを食べるだけでも珍しいのに・・・

と、考えてると

見てみろ と言っているみたく、首を動かしていた

感動のあまり文字の事など気にしていなかった・・・

何々? たる・・らーく?

この熊の名前なのかな?

良く判らないので、一度村長の下へ聞きに言った

すると、意外な答えが返ってきた

3 その昔…エリンが魔族によって混乱を起こして居たとき…

3人の勇敢な戦士たちがその混乱を止めたと言う…

タルラークとは、その中の一人なのじゃ

……

てっきり私は、あの熊の名前かと思って居たが・・・・

熊が覚えているほどに凄い人たちだったのか

村長は続けてこう言った

今はその三戦士は何処かへ旅立ってしまったようじゃ…

もしかしたら、そう遠くない場所に居るのかもしれん

詳しく話を聞きたいのならば、ワシじゃなくて他の人に聞いてくれ...

村長…自分で説明するのが面倒なのか…

とりあえず、私は夜も遅いので寝る事にしたのであった・・・・・・

To be continued

,

てな感じに…暇だったので、G1の事を書いてみました

又暇だったら、書くかもしれません

え? 見たくも無い? 

仕方がない、諦めて見なさい

以上

では・・皆さんも良い一日を~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月10日 (日)

吹き荒れろ! 革命の嵐?

こんばんわ

まったりするのが自分に合っている事に、今更気づいたスティルです

今日は…まったりと会話して、まったりと通常アルベイに行ったです・・・

なんと言うか…G2までこの調子だと思います…

そうそう・・・Kの事ですが、試験週間なので今週は来れそうもなさそうです

来週…G2が始まりそうなのですが、どうなることやら・・・・

そんな訳で、今日は気晴らしにメイプルストーリーに行ってきます

では、良い一日を...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 9日 (土)

今日も今日とて、暇を持て余す

こんばんわ

お酒を飲まないのに、おつまみ類が好きなスティルです

とりあえず、久々のSSを出してみましょう

taira_si いつの間にかオカマになっていたtaira氏です

仮面の中身は…

妙に可愛かったです…

きっと、整形も施したに違いありません

NAO

課金の切れる時間ピッたしに画面が切り替わりました

彼女は「早く課金しないと、データ消すぞ」と言っているみたいです

何故にこんな所を作ったのでしょうね…

BEBEA お次は…

僕の仲魔を合体させたらこうなったよ

ってのが、似合いそうな一枚・・・・かな?

分身してるようにも・・・・見えるかも

SYOKKAR 最後の一枚は…

出たな!ショッ○ー...こい! ってな感じの一枚です

んー 最近ネタにしようと思う物が無いです…

とりあえず、マビに行ってれば判りますかね

では、良いファンタジーライフを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 7日 (木)

フレンドリィVSスティル

こんばんわ

木曜洋画劇場で放映されたタイトルを真似てみました…

しかし、今考えると勝てる気がしないスティルです

今日のパッチで鉱石が2*2になったので・・・かなりイベントリに余裕を持って掘れます

どれくらい余裕かって?

1Fに出てくる鉱石を全部拾っても余裕なくらいです

そして・・・バイトに支障をきたすくらいに新しいインプを見て笑ってしまいました

SSを撮り忘れたのですが…あの顔に、あの行動……出会ったら最後です

腹を抱えて笑うしかありません

で・・・今日やった事はコレくらいかな

以上

さて・・今日は此処までです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 6日 (水)

魂の慟哭

こんばんわ

最近オリジナルーな小説や、マビっぽい小説を書こうかな とか思ったスティルです

とりあえず、今日した事

エリンに帰ってみた

眠い

以上

さて・・・ネタが無いので色々拾ってきます

それでは~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 5日 (火)

怪奇! 愁然なる大使

こんばんわ

昨日は、12時過ぎまで外出していたスティルです

てなわけで・・・マビのネタが無いです

どーでもいい事でも書いておきますか...

7/4 二〇四七分 

少し周りを気にしながら階段を駆け上がるものがいた

彼の名はスティル(仮名)この建物内にてアルバイトとして雇われている身だ

上記の時間より少し前に、あらかた言われた事を終えたので同建物3Fの本屋へと向かっていた

他のアルバイターに見つかると厄介なので、手早く済まそうと考えている次第だ

「んー この時間…見つかるとしてもお客さんだけか。とりあえず、急ぐか」

心の中で、その言葉が言い終わるかその前にスティルは3Fへと到着した

「本を手に取り、レジへ行く...その後は考えてないが、まぁいっかー」

かなり無謀な作戦である

買った行為を見られていなくとも、商品を手に持っていたら元も子もないのである

「残金はある・・・多分……よし、行動開始だ」

そして・・・平穏を装い歩行速度を落とす

アルバイト中の証である、エプロンを装着しているからである

で・・話は戻るが、商品を買った後の事はハンバ賭けであった…

「目標物...確保 続いて、清算を済ます」

と、レジの方へ顔を向けた

そこで、彼は気が付いた...

このブログにも多々(勝手に)出演したKがレジを任されていたのである

その状況を確認すると、大変安心した

購入後の心配は無い…と考えていたからである

ステ「はろーK ちゃんとレジ打ってるねー」

K「あ・・サボリ魔が居るぞ」

ステ「気にしない…やる事はあらかた終えたから…」

K「そう・・・とりあえず、本買いに来たんでしょ? 清算するから渡して」

何事も無く清算を終える・・・はずだった

ステ「しまった! 細かいお金が無い」

そう・・・先日大きいお金に変換したばかりであった

何とか清算をしたが・・・少し気がひけた瞬間であった

ステ「あーそうだ...その本、バイトが終わるまで預かっててくれないか?」

彼の考えは、知ってる人に預ける…つまり、Kを当てにしていたのであった

K「うん いいよー 10時に終わるんだよね?」

ステ「ああ 帰り際に渡してくれれば助かる」

こうして・・・短い取引の後、商品を入れていくだけの他愛の無い時間が過ぎた…

7/4 二二〇九分

少し駆け足な店員が居た

彼は何かを求めるが如く走った

つい お客様の要望に応える為に頑張ってしまったのである

お客様には大変喜んでもらえたが、人を待たせているので此方は喜んでいられなかった

素早く帰り支度を整え、約束の間へと急ぐ

「すまない…少し遅れた…」

少し肩で息をしている青年

「もー お腹空いちゃったじゃない...はい 本」

不機嫌気味な女性が彼の前に居た

ステ「んじゃ・・・どっかでご飯でも食べていくか?」

なんとなく言ってみた言葉だった

K「良いね~ 何処にする?」

ノリが良いらしく、付き合いに応じるK

ステ「この時間だし…ファミレスでも行くか?」

K「どこでもいいよ~」

こうして…ファミレスへと向かった二人

食事の合間に他愛の無い会話をしていた・・・

何故か話題はゲームへとうつっていた

K「最近…ゲームしてないんだよねー」

ステ「パソコン・・持ってたっけ?」

K「うん 持ってるよ」

ステ「じゃあ・・・ネット環境は?」

K「整ってるよ…うん きっと、大丈夫

なにやら…聞こえたようだが、気にはしないでおこう

ステ「なら・・マビノギってゲーム やってみるか?」

K「なにそれ?」

簡単に説明だけしてみたスティル

大体の事を聞いたとおもられるK

ステ「とま・・・こんな感じだ」

K「へー 面白いの?」

ステ「面白くなかったら…やってないだろ?」

K「それもそうかー」

そして・・・そんな事を話しているうちに12時を過ぎていたのである

………

こんな事があったのです

なんとなく、布教っぽい事をしたスティルでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 3日 (日)

発見 歩く犬

こんばんわ

最近はタイトルを決めるのに時間がかかるスティルです

今日は、黒玉Dと女神Dに行きました

taira氏とリティアスさんと言う方のお手伝いです

画像が無いのは…SSが面倒だったからです…

とりあえず・・・初期のスターウォーズってヘボくて見所があるなー と思うスティルでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 2日 (土)

近々課金が切れるー

こんばんわ

7/8に課金が切れるスティルです

課金が切れるのは構わないが…「無料プレイ期間が過ぎました」って表示されるのは何?

とりあえず・・・ネタも無いので、アルベイDにでも巡回してきます

G2が実装されたら…スティル君が主演のミニドラマ?が公開される事を祈りましょう

あ~・・・課金切れたら7/21まで入らないかもしれないので、悪しからず

では、皆さんも良いマビノギを~

追記:何か言うとしたら…アイスワンドを是非持ってください

    そして・・・お酒を沢山飲める人になってください それだけです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 1日 (金)

素晴らしき友人O

こんばんわ

友人Oの体重が3桁を下回って…お腹のボリュームが無くなって、嬉しいやら悲しいやら…

腹太鼓大好きっ子なスティルです

とりあえず・・今日は中々の収穫ですよ 奥さん

何がって? まず此方をご覧ください

Dirisu 家政婦は見た!!

服装のノリだけは似ている偽ディリスを発見…

はい サブでのギルド員様から譲り受けた品物です

水色のヒーラー・・・ノリと名前からして水色で絞ったのですが…

やっぱり青系はいいですよね・・・爽やか~ なイメージがあって

続きまして…

Rasa 家政婦は見た! そのに

はい 死を超越したをノリで手伝って貰った所…

えりっちがラサさんっぽい格好をしたので、SSを撮らせてもらいました

何かいいな…偽者って...本物に近いが、微妙に違う なんてね

Shot 家政婦は(ry

何か…お互いに弓系統を持っていたのでやってみました

仲の良い?ディリスさんとラサさんに相対した偽者・・・・かな?

勿論、私は色合い重視なのでヒーラードレスしか真似できてません…

NAZO そんなノリで・・・

超猫かぶりなRPにご一緒しました

結果:ディリスさん・・・・もう少しでアナタにスキル負けする所でした…

最近のヒーラーは皆マッチョなんだなー と思ったスティルでした

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »