« ○月×日(晴) | トップページ | 何時でもまったり »

2006年1月29日 (日)

サービス精神旺盛?

こんばんわ

一週間ぶり?の更新です

日頃の行いが単純化されてきたスティルです。

えー...今日も始めは携帯で撮った写真を載せたいと思います

060129_043501 なんだか・・・バイトの帰りにチョコレートが食べたくなって、森羅万象チョコなる物を買った結果です

なんだか・・・人気商品らしく、ドラゴンボールのウエハーチョコで隠されていました…

で、なんかレアっぽいのが出たのですが…これは喜ぶべきなのでしょうか?

...

まぁいいか・・・チョコ美味しかったし

さて、続きまして何時もどーり詰まらない物語でも書きましょう

...

背徳者 「夢の都イメンマハ」

空は澄み渡り、心地よい風が私の頬を通り過ぎる…

一言で言うならば、これは良い天気だ

良い天気なのは良いが、何かがおかしい

どーして私は縄でグルグルに巻かれてるのだろう...

人の寝ている隙にこんな事をする輩は、私の知る限り一人だ

RIDA 「我が名はプライス 全ての人々に公平なる髪を分け与えし者なり!」

何処で用意したのか、戦士っぽい服装で現れるプライス

彼の瞳は何処か遠い場所を見ていた

「HA-HAHAHA 君は縄で縛られるのが好きなのか? そうなのか、そうなのだろう!!」

流石プライス...格好は戦士だが言ってる事は何処にでもいるエロ親父と変わらなかった

ともかく・・・こいつの目的は昨日見て分かった

ハゲヅラを被せる事であろう…

だが、ハゲヅラと戦士の服装に何の繋がりがあるのだか私には解らなかった

「Hey Boy 良く聞くがいい...これから君は我が一族の伝統のある決闘を受けてもらう!」

剣で私を威嚇しながら語るプライス

彼の瞳には火が宿っていた…

だが、何処か逝ってしまった危ない奴の目でもあった

こんな状況じゃ…受けるしかないと思い私は腹をくくって決闘とやらを受けることにした

「HAHAHA 度胸だけはあるようだ! よし、これから決闘の説明をしてやろう」

逃げれない状況でよく言うよ…

さっさと決闘を終わらせて二度寝でもしたい気分だ

「おーっと、その前に一つだけ言い忘れた事がある...聞きたいか? ほれ、聞きたいのか?えぇ~?」

聞いてくれと言わんばかりに私へ同意を求めてくるプライス

だが、私はあえて無視することにした

「OH! シィィィィィット!! この空気が読めないとは何たる事だ! もういい…聞かせてやるから感謝しろ!」

無視したことに相当腹が立ったらしく、かなり怒っているようだ

それにしても・・・そこまで聞いて欲しい話とは一体何なのだろう?

「実は俺、外人じゃないんだ」

...

なんだ、そんな事か…

今更誰もが解っている事じゃないのか?

「じょ・・・ジョークよジョーク アメリカンジョークね! 本当に言いたかったことは違うの…本当よ! 本当なんだからね!」

何故か最後の方がオカマっぽかったのは狙っているのか、素だったのか解らなかった

そんな事よりも、私はこの状況を何とかしたかった

「ゴッホン…えー 実はだな、此処最近肩こりが酷いんだ...誰か良い治療方法知ってないか?」

真面目な顔で言うプライス

その時、私はつい口に出して言ってしまった

”もう、歳なんじゃないの?”と…

「良いね! その素早い突っ込みは良いね! ベリーベリーグットだ!」

何かどう良かったのか解らなかったが、良かったようだ

だが、彼の瞳には涙があふれていた

「やっぱり・・・自虐ネタって嘘よりも本当の事言ったほうがいいんだな…」

なんだか落ち込んでしまったプライス

しばらく放って置く事にした

-15分後-

「HAHAHAHA! 歳が何だ! 肩こりが何だ! それ以外は元気じゃないかー!!」

廃なテンションで復活しやがった…

次の展開は読めている、さっき言っていた決闘なのだろう

「よし、決闘をするぞ! 説明してやるから耳かっぽじってよーく聞きやがれよ」

意気揚々に喋るプライス

だが、言う本人が耳をかっぽじってどうするのだろうか…

「我が一族に伝わる決闘…それは”叩いて被ってジャンケンポン”だ!」

ででーん! と空に指をあげて格好をつけるプライス

だが、彼の説明はこれに止まらなかった

「ただの”叩いて被ってジャンケンポン”じゃーないぞ 専用の物をつかってやるのだからなぁ!」

ババッ と、足元にあった風呂敷を取る…

其処には見慣れた物が二セットあった・・・

一つはピコピ○ハンマー

もう一つはハゲヅラだった

「HAHAHAHA! 我が決闘とはそれ即ち、”先手必勝”の心得を持つ物にしか勝てない勝負だ!

説明は要らないな…? さぁ、やるとしようか」

すでに準備を始めるプライス

だが、忘れられている事が一つあった

それは…

「おい! 決闘なのに何故そんなに縄で巻かれてるんだ! 好きなのか? 縄で縛られるのが好きな体質なんだな!?」

自分でやっておいてそれはないだろ・・・・

そう思った

「仕方がない・・・ほどいてやるか」

面倒臭そうに縄をほどくプライス

何処かその手は手馴れていた…

「さぁ・・・改めてやろうじゃないか!」

お互いに向き合って座る

やる気満点のプライスと、やる気まったく無しの私…

どっからどう見ても不釣合いな格好のプライスと居るだけでも恥ずかしいと言うのに、向かい合って決闘をやる羽目になるとは…

「お前は…グーを出してくるだろう 私には解る…わかるぞ!」

行き成り心理戦に持ち込むプライス

てきとーにうなづいて置く事にした…

「では…いくぞぅ」

プライスの手には既に汗が流れていた

どんだけ気合入れてるんだか…

「叩いて、被って、ジャ~ンケ~ンポンッ!」

その言葉を合図に手を出す両者

プライスの左手は既にピコ○コハンマーを握っていた

だが、お互いに出したのはグー

仕切り直しである

「ちっ…運のいい奴だ」

相当悔しかったのか、毒気づいてきた…

「Youの次の手はチョキだろ・・・そうだろ?」

またもや心理戦らしきものを仕掛けてきた

適当に頷いて次の合図を待つ事にした

「叩いて~ 被って~ ジャンッケンッポォン!」

何やら振り付けつきの合図だった・・・

私が出したのはグー

プライスはチョキ...

それを確認して、ハンマーを取ったその時である

プライスは既にハゲヅラを装備していた

「HA-HAHAHA 遅い! 遅いNE--!」

ハゲヅラを被りながら高らかに笑うプライス

そして・・・私はふと思った

今のプライスにはハゲヅラを脱がせなく能力ってなかっただろうか?

「ぬっ! くぬぅ! と・・・取れん! ハゲヅラがとれんぞーー!」

必死にもがくプライス

そこで、私はある事を口にした

”プライス、次のジャンケン行こうか”

「ま・・待て! それでは私が反則負けになってしまう! そ・・それだけは勘弁してくれー!!」

早く終わらせたかった私は既にその言葉を言うことにした

「叩いて被って、ジャンケンポン...ハゲヅラ被ったままジャンケンしたから、プライスの反則負けだ」

どっちにしろ、脱ぐことはできないのだからこの言葉であっているだろう

「Noooo!! 私が…この私が決闘で負けるなんてぇー!!」

その時だった

プライスの頭上めがけて雷が落ちたのである

「こ・・・これが…我が一族の…け、けっと・・・うの敗者におく・・・られるプレゼント……OK?」

口から黒い煙を出しながらも喋り続けるプライス

その姿は、芸人である事を改めて認識した

それから…プライスの口からなにか瓶が出てきた

POT なにやら・・怪しげな色をしている…

戦利品として、これを貰って帰ることにしよう

プライスの事だ これ位じゃ死にはしないだろう…

こうして…長い決闘の末、私は勝ち…帰っていった

プライスの方はと言うと、今までハゲヅラを被せられて来た人々が袋叩きにしていた…

頑張れプライス...明日はきっと良い事があるさ

さて、私は帰って寝よう

To be continued...

|

« ○月×日(晴) | トップページ | 何時でもまったり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110498/8391051

この記事へのトラックバック一覧です: サービス精神旺盛?:

« ○月×日(晴) | トップページ | 何時でもまったり »