« 桜舞い散る草原で | トップページ | 今日は何の日気になる日 ぱーと2 »

2006年4月10日 (月)

クマ鍋日和

今日もやってきた不定期更新

ネタがないわけじゃない やる気がないんだ!

さて、今日はある炭鉱の町に住むクマのお話をしましょう

Mabinogi_2006_04_10_003 「さて・・・今日も鉱石求めて潜るクマ」

このクマは何処にでも居るクマだ

一つ違う所は、鉱石を掘って生計を立てている事だ

そんなクマの前には危険が一杯だ

Mabinogi_2006_04_10_013 邪魔をするゴブリンたちが住んでいるのである

このゴブリンは自分以外の種族に対して攻撃をしてくるのだ

しかし・・・クマはソレ位では怯む事はない

そう・・・百獣の王のクマなのだから!

Mabinogi_2006_04_10_004 「おまえらーーー 生活苦のクマの気持ちを思い知れーー」

クマは戦う

戦わなくては先にある鉱石を採取できないからだ

迫り来るゴブリンをちぎっては投げ、ちぎっては投げ…

Mabinogi_2006_04_10_014 時には…某雑技団の真似をして遊んだりもする

だが、それも全ては鉱石を掘るため

「たまには息抜きしないと身が持たないクマーー」

そんな激戦を潜り抜け、クマはやっとたどり着いたのだ

Mabinogi_2006_04_10_008 「やっと鉱石にたどり着いたクマーー」

やっとの思いで鉱石にたどり着いたクマ

嬉しさの余り、我を忘れて掘り続けた

掘る…掘る…掘る……

だが、此処で彼も忘れていた問題が発生した

Mabinogi_2006_04_10_009 彼はとてつもなく不器用だったのだ

そんなクマが何故鉱夫をしているのだろうか・・・

それは・・・クマ自身にも分からない

物心付いた頃から掘っていたという…

それはもう 何かに動かされているように掘っている

理由は要らない、俺はただ掘るだけだ

それが彼の考えだ

とりあえず、実際にどうやって鉱石を掘っているのかを見ていただこう

Mabinogi_2006_04_10_012 「がふ・・がふ・・・・鉱石を探すクマー」

持ち前の力を使い、手で鉱石を掘るのだ

つるはし要らずの鉱石掘り

なんでつるはしを持ってるかをクマに聞いてみた

Mabinogi_2006_04_10_007 「雰囲気を出す為に決まってるクマー」

こうして・・・慣れないつるはしを振り回し…クマは今日も掘り続けるのだ

頑張れクマ

ゴブリンなんかに負けるなクマ

何時の日か…つるはしが使えるようになるさ!

そんな期待を背に...今日もクマは掘り続けるのだ

本当にこんな毎日で良いのだろうかね~

-本日のオマケ-

Mabinogi_2006_04_10_011 潜ってたら出られなくなったクマー

|

« 桜舞い散る草原で | トップページ | 今日は何の日気になる日 ぱーと2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110498/9524480

この記事へのトラックバック一覧です: クマ鍋日和:

« 桜舞い散る草原で | トップページ | 今日は何の日気になる日 ぱーと2 »